クーリングオフの対象外となるケース

クーリングオフは、どんなものでも対象になることはありません。
普通に考えれば、そんなことが成立すれば商売をする人は、逆にクーリングオフがコワくなってしまいます。

クーリングオフの対象外になるものは、自分から進んで買ったものがほとんどです。

お店にあれよあれよと、自分の意図とは無関係に連れて行かれて、そこで押し売りされたものや買わなければならない雰囲気でつい買ってしまったもの、単純に騙されて買わされたものなどは、クーリングオフの対象になりますが、それ以外で、自分からすすんで買ったものは、基本的にクーリングオフを行うことができません。

自分の意思で足を運んだ店で目当てのものを買ったけど、クーリングオフしたいという要望は少々強引ですよね。