クーリングオフの対象となるケース

その種類などは非常に多くありますが、基本的に自分の意思とは関係なく契約が交わされたものや、押し売りされたもの、買わなければ何をされるか分からない状態でやむなく契約してしまったものなど、予期せぬ契約のものの多くはクーリングオフの対象になります。

詳しくは、消費者センターや弁護士にご相談することをおすすめします。